車中泊

車中泊なにも考えず、安心して快眠できる車内を作るなら要カーテン

キャンプやアウトドアや車中泊が好きな人、車中泊する時ぐっすりと眠れていますか。

今回は車中泊時に我が家のような安心感で何も考えないで快眠できる車内を作るためにはカーテンがあった方がいい記事を書いていきます。

こんな人向け

その日だけ車中泊する人ではなく、車中泊を主にアウトドアを考えている人向けの記事になります。

車中泊する時カーテンは必要か

車中泊レベルによって必要不必要が別れます。

車中泊するのに、カーテンは無くても問題なくできます。

運転疲れでその日だけちょこっと仮眠をとる程度ならカーテンは必要ありません。

車内で本格的にぐっすり眠りたい人にはカーテンがないと車内で眠るのに外からの視線が気になって、ぐっすりと眠ることは怖い気持ちが勝ってしまって難しいはずです。

車中泊する時、外からの視線を気にせずに、ぐっすり眠るためにはカーテンは必要になります。

車中泊時にカーテンを閉めて眠ることは外からの視線を遮断するだけがメリットではありません。

車中泊時カーテンがあるメリット

車中泊時カーテンを閉めることで得られる5つのメリット。

  • 視線の遮断
  • 遮熱
  • 遮光
  • 防犯
  • 圧倒的安心感

車内で快眠するために外からの視線を遮断する事が可能です。

私たち人間は眠っているところを見られると恥ずかしいですし、知らない間になにかされるのではないかという恐怖がありますよね。

寝顔を覗かれる恥ずかしさや、なにかされるのではないかという恐怖を打ち消してくれるのがカーテンです。

恐怖を打ち消してくれると同時に車中泊時にカーテンを閉める事で遮熱効果もあり、外からの熱を下げてくれます。

カーテンがないと外熱が直接車内へと伝わるため暑くて快眠することができません。

同時に遮光効果もあり、太陽の光が直接車内へ差し込む心配も避けることができます。

寒い時に車中泊をする時には逆にカーテンを開けて太陽の光を車内へ取り込む方が暖かくて気持ちよく車内で過ごす事ができます。

寒い時、暑い時どちらでも臨機応変にカーテンを開けたり閉めたりして温度調整をする事ができるのでカーテンがあると車中泊への見方が変わりますよ。

冬の凍てつく寒さでの車中泊で必要なものは「保温」と「防寒」

冬の凍てつく寒さでも暖かくて快適な車中泊をするために、必要なものをピックアップしてみました。 目次冬の車中泊は気持ちいい冬の車中泊、車内防寒に必要なもの冬の車中泊、体の保温に必要なものまとめ 冬の車中 ...

続きを見る

遮熱や遮光だけでなく、車中泊時にカーテンを閉める事で手軽に防犯対策ができます。

外から車内がカーテンにより覗けないという事は車内の状況が外には分からないということです。

カーテンがなかった場合貴重品などを外から見えるところに置いていた場合など、良からぬことを考える人がいれば盗られる事があるかもしれない恐怖が付きまといます。

カーテンをする事で車内の状況が分からない車の貴重品を狙われる可能性を減らすことができます。

またカーテンをする事で車内に誰かいるかもしれないと思わせる事が間接的にできるので車中泊する時はカーテンが大活躍する事間違いなしです。

車中泊時に快眠するためにカーテンをすることで、視線の遮断、遮熱、遮光、防犯、カーテンひとつでこれだけの圧倒的安心感を得られることができます。

怖い思いをしてまで車中泊するぐらいなら、初めからしないかカーテンを付けて安心できる車内にしてからする方が車中泊というアウトドアをより楽しめると思いますよ。

車中泊にはどんなカーテンがいいのか

車中泊で使えるカーテンは3種類あります。

  • フリーカーテン
  • マグネットカーテン
  • レールカーテン

フリーカーテンはフリーなので自由に好きなところに好きなように取り付ける事のできる自由度の高いカーテンになります。

窓だけでなく座席と荷室を区切ったりする使い方もできるので運転席と助手席の後ろに取り付けることでフロント3面ガラスからの視線を遮断することがフリーカーテン1枚で可能です。

マグネットカーテンも自由度が高く、車の鉄の部分ならどこでもくっつける事ができ、カーテンというよりか薄いサンシェードのようなイメージです。

カーテン特有のヒラヒラした感じもなく、窓にピタッとくっつくので鬱陶しい感じもありません。

マグネットなら子どもでも取り付ける事ができますし、使いやすくてカーテンのメリットを得られるのでオススメです。

レールカーテンは窓枠のある車なら取り付け可能で、窓にピッタリの家のミニカーテンみたいな感じで見た目も可愛くておしゃれなカーテンです。

カーテンを閉める必要なない時は開けてカーテンをまとめるタッセルで止める事ができます。

走行中もカーテンを開けておけば危なくないですし準備が必要ないので車中泊時は家のカーテンを閉めるように、すぐに閉めて寝る体制に入る事ができます。

フリーカーテンやマグネットカーテンと違って1窓1カーテンなので、外す事ないため置き場所にも困りませんし邪魔になりにくいのが特徴です。

どのカーテンも外からも視線の遮断、断熱、遮光、防犯、カーテンがある事による圧倒的安心感があります。

どのカーテンが好みか選ぶのも楽しいですよね。

特にレールカーテンは取り付けてしまえば外すまでは取り外す事がないので、カーテンレールを取り付けたりする作業が妙に楽しかったりしますよ。

車中泊で実際に寝る時にカーテンを閉め切っていると車内が真っ暗になってしまいます。ダウンライトがあるとより安心感を得られます。

明るすぎず暗すぎず雰囲気が良くなるLEDがあれば、車中泊が楽しい

車中泊には絶対に必要だと言えるもの、それはLEDライトです。もちろんLEDライトなんて無くても車中泊はできます。 でもせっかく車中泊をするのなら、車中泊を楽しみたいですよね。LEDライトがあるとないと ...

続きを見る

まとめ

  • 車中泊でぐっすり快眠が欲しいならカーテンは必要
  • 車中泊時カーテンがあると5つのメリットがある
  • 車中泊にはどんなカーテンがいいのかカーテンの種類3選

車中泊時に鉄壁の守りのような安心感を手に入れたいのであればカーテンは必須アイテムになります。

むしろカーテンなしでは無意識に視線が気になってしまい、質の高い睡眠はできないでしょう。

車中泊時はカーテンを使って安心できる環境で落ち着いた状態で眠ることをオススメします。

最後まで読んでくださりありがとうございます。少しでも参考になれれば幸いです。

カー用品通販Carclub!

-車中泊
-,