車中泊

冬の凍てつく寒さでの車中泊で必要なものは「保温」と「防寒」

の凍てつく寒さでも暖かくて快適な車中泊をするために、必要なものをピックアップしてみました。

冬の車中泊は気持ちいい

冬に車中泊した事はありますか。エンジンを付けっぱなしで適度な暖房を効かせば、がっつりした準備は必要ありませんが、車中泊は基本アイドリングはNGです。

エンジンを切っていても暖かくて快適な冬の車中泊をができるのが理想ですよね。

冬の寒い時こそ車中泊が心地よかったりします。

よく子どもの頃に夏の暑い日、部屋のクーラーを一番冷たくして布団にくるまってゴロゴロし経験はないですか。

まさに冬の車中泊はそれに近いものがあります。

車内はめちゃめちゃ寒い、車中泊するために必要なものをちゃんと揃えていれば、冬の寒い日でも寒さを感じる事なく快適に眠る事ができます。

冬こそ車中泊で自分が、いかに気持ちよく寝る事ができるのか、暖かくして眠る事ができるのかを考える事が楽しくありませんか。

冬の車中泊、車内防寒に必要なもの

冬の車中泊には、まず車内の防寒に努めないといけません。

  • 窓の断熱対策
  • 床冷え対策
  • ドアの隙間冷気対策

上記3点を押さえる事ができれば、かなり冬の寒さ対策ができます。

必要なものとしては、

  • 防寒シェード
  • 断熱マット
  • ポータブル電源

車内は窓から冷えてきます。全窓に防寒シェードを取り付ける事で窓から車内が冷えるスピードを遅らせる事ができます。

た寒さだけでなく、防犯対策として、防寒シェードを取り付ける事をオススメします。

最近では車種専用で全窓型取られたシェードを売っています。金銭的に余裕があるなら車種別サンシェードがかなりオススメです。

ちなみに私も車種専用のシェードを使っています。

車種別サンシェードならほぼ隙間ゼロにする事ができるので、外からの目を完全にシャットアウトできる利点があります。

さらに車内を電気で煌々と照らしても車内はめちゃめちゃ明るいのに外には一切の光を漏らしません。

実際に寝る時は真っ暗でもいいかもしれませんが、車内でご飯を食べたり、本を読んだりと、光が必要な時には外を気にせず電気を付ける事ができるので安心です。

冬の車中泊には防寒としても大活躍してくれます。

サンバーで車中泊するとき、窓の断熱と目隠しは大丈夫?

軽自動車の中でもサンバーは車中泊するのにオススメの1台です。サンバーで車中泊する時に窓の断熱や目隠しはしてますか。 快適な車中泊をするためには、断熱し人目を気にせず眠りたいですよね。 目次サンバーで車 ...

続きを見る

車内の床冷え対策も必要です。

車はほとんどが鉄でできているので、冷たくなりやすいので断熱材を床1面に敷いてあげるだけでも全然違います。

断熱材を敷いてマットレスを敷くだけでも床防寒可能です。

それでもやっぱり寒い時はあります。

そんな時は電気カーペットを敷いていれば、もう暖かポカポカで薄着でも全然過ごせるぐらい暖かくなります。

実際薄着で過ごしてしまうと風邪引いたりするので気をつけてください。

どんな断熱材を敷けばいい?

分厚めの銀のレジャーシートが使いやすいです。

3つめドアの隙間にビニールなどを挟みこましておくと、隙間冷気の対策になり完全防寒対策ができます。

ビニールを挟み込ますので、少々見た目が悪いので、見た目を気にする人はしなくても大丈夫かと思います。参考までに。

電気カーペットを使ったりする場合にはポータブル電源があった方がいいです。

ポータブル電源
【ANKER POWER HOUSE II 800】キャンプや車中泊の強い味方

キャンプや車中泊などのアウトドアで純正弦波ポータブル電源があるとアウトドアをより楽しめます。ANKER POWER HOUSE II 800を紹介させてください。 目次【ANKER POWER HOU ...

続きを見る

冬の車中泊、体の保温に必要なもの

冬の車中泊で体の保温に必要なものが一番重要になります。

  • 寝袋
  • ネックウォーマー
  • モバイルバッテリー
  • 毛布
  • 電気マット

上記5つのものが冬の車中泊で体の保温に必要なものになります。

寒い車内で快適に寝るために布団ではなく寝袋がオススメです。布団を蹴り飛ばしたりして体を冷やす事がないので常に暖かくして眠る事ができます。

寝袋にもいくつか種類があって、夏用、冬用とあります。

寒い車内で寝る時には、少しかさばりますが冬用の寝袋を使う方が暖かくして寝る事ができるのでオススメです。

寝袋だけでは少し寒いと思ったら重ね着して、ベースをあったかくして身体の保温しておきましょう。

特に首、手首、足首などの「首」の付くところをあったかくしていれば温もった血が巡って体全体がポカポカします。

3首を温めるためにネックウォーマーやレッグウォーマー、などを使って温めると効果的です。

ネックウォーマーならしていても特にストレスを感じることもないはずなので、常時付けている方が体の保温につながります。

毛布などのかけ布団的なものを持っておいた方がいいですね。寝る時以外にも運転中だったり、車内でのんびりしたりする時にも使えます。

最近では電熱線の入った毛布や掛け布団などの売っています。

モバイルバッテリーで暖かくするものもありますし、しっかりとした電気毛布なら100Vの電源を使うものもあります。

車内の防寒対策でも触れました電気毛布や、電気マットなどを駆使して身体の保温対策もバッチリです。

必要なもの

  • 寝袋
  • ネックウォーマー
  • モバイルバッテリー
  • 毛布
  • 電気マット

まとめ

  • 冬の車中泊は気持ちいい
  • 冬の車中泊で車内防寒に必要なもの3選
  • 冬の車中泊で体の保温に必要なもの5選

車中泊は「防寒」、「保温」対策に必要なものを駆使しないと快適な車中泊が難しいと思います。

冬の車中泊が気持ちいと思えるようになる事ができたら、車中泊の沼にハマっていくことでしょう。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

少しでも参考になれれば幸いです。

-車中泊
-, ,

© 2022 雲するしーちゃん Powered by AFFINGER5