車中泊

夏の車中泊でエンジンを切っていても快適に過ごせる暑さ対策

夏の暑い時の車中泊暑さ対策はしっかりできていますか。

暑さ対策グッズを使えばエンジンを切っていても涼しく車内で過ごす事ができます。

夏の車中泊は暑さ対策しないと熱中症に

夏の車中泊は暑さ対策が十分にできていないと熱中症の原因になります。

暑さ対策

  • 水分補給
  • 車内の換気
  • 暑さ対策グッズを使う

夏の車内は50度を超えるほど暑くなります。

車中泊でも家にいる時と同じように水分補給が大事です。

飲み物の温度が8度〜15度ぐらいだと体も冷えて体内の熱を逃すことができます。

あまり飲み物を冷やしすぎると腹痛の原因になったりして逆に脱水症状になってしまう事があります。

水分補給は車中泊でなくても大事ですよね。

車中泊時は車内の換気が重要です。

窓を閉め切っていると熱がこもり蒸し暑く窓を開けないと車内に居られなくなります。

窓を空かして蒸し蒸しとした車内の空気を爽やかな空気にしてあげることが大切です。

ただ、窓を開けると気になるのが虫です。

蚊などが車内に入ってきたら、せっかくの車中泊の虫が気になって楽しめません。

そんな時はドアにまるっと被せる網戸があります。ドアに被せて使うので隙間なく使うことができます。

網戸をつけた上に虫コナーズをぶら下げておくと車内に虫の侵入を許しません。

車内での暑さ対策グッズをできるだけ使えるだけ使うほうがいいですね。

暑さ対策グッズ

  • 扇風機
  • サンシェード
  • 冷感マットなど

夏の車中泊には暑さ対策グッズは必須だと言えます。

特に扇風機は最低でも1台は欲しいところです。

USB電源で動かせるタイプのミニ扇風機もあるので車のエンジンを切っていてもモバイルバッテリーなどで使うことができます。

夏の車中泊に扇風機があれば、車内の蒸し蒸しした空気の換気もできますし、空気の循環、体温を下げる事もできます。

扇風機が2台以上あれば、かなり快適な車中泊ができると思います。

空気循環用、換気用、体温用など扇風機の使い分けをすることができます。

扇風機の選び方

  • USB電源
  • USB充電式
  • 風量調整
  • クリップ式

車中泊で使う扇風機はUSB電源で、風量調整ができ、クリップ式が好ましいですね。

できれば、首振り機能が付いていれば最高ですが、壊れやすいのでなくても十分です。

夏の車中泊の暑さ対策は場所選びから

夏の車中泊の暑さ対策は、車を止める場所選びが最も重要かもしれません。

障害物のない炎天下の下で車中泊するのと、風通りのよい木陰の下で車中泊するのだと、温度がまるで違います。

車中泊する時は、高い建物や木などを東にして車を止めておくと朝起きた時に影になり暑さを抑えることができます。

高低差のあるところでも気温が変わってきて、地上で車中泊するのと高い山に登って車中泊する方が涼しいです。

車中泊の場所選び

  • 高い建物や木の近く
  • 風通しのいいところ
  • 標高の高い山
  • 芝生の上など

コンクリートやアスファルトの上での車中泊はできれば避けて車を止める事ができれば、焼けた地面の暑さを回避できます。

道の駅などで車中泊する場合は芝生などがない事が多いのでできるだけ影になるところがいいですね。

サンバーを快適にしたい!4人乗り仕様から車中泊仕様に早変わり

近年車中泊する方が多くなってきました。スバルのサンバーは車中泊するには最高の車だと思いますよ。 目次車中泊するサンバー普段は4人乗りサンバーを車中泊仕様にサンバーでの車中泊でポータブル電源が最強サンバ ...

続きを見る

夏の車中泊の暑さ対策グッズ

夏の車中泊の暑さ対策はグッズをふんだんに使って暑さを凌ぐ事が大切です。

暑さ対策グッズ

  • USB扇風機
  • サンシェード
  • 冷感マット
  • アイスノン
  • ポータブル冷蔵庫
  • ポータブル電源

USB扇風機

車中泊で使う扇風機に求める条件は、4つです。

  • USB充電式
  • クリップ式
  • 自由に首が回る
  • 風量調整ができる

USB充電式の扇風機が一番使いやすいです。

線を繋ぐ必要がないので、本体だけを持っていけばどこでも使う事ができます。

扇風機が必要ない時にUSBで充電しておけば使いたい時にすぐに使う事が可能です。

車で充電するために3連シガーソケットの増設をしておくと便利ですよ。

車のシガーソケットを増設したい!けど元々のやつも使いたい

車にシガーソケットを増設したい!けど元々のシガーソケットもしっかり使いたい!元々のシガーソケットも普通に使えて新しくシガーソケットを増設する方法を紹介します。 目次車のシガーソケットを増設する方法車の ...

続きを見る

車で扇風機を使うにはクリップ式がオススメです。

車内に扇風機を取り付ける場所は、そうありません。

NG

置くだけタイプの扇風機はダメ!

車に置くタイプの扇風機を置くと走行中に吹っ飛んでしまい、風を循環させるどころか壊れてしまいます。

車のアシストグリップなどに挟んで使えるクリップ式の扇風機がオススメです。

自由に首の回るタイプの扇風機を選びましょう。

向けたい方向に向かない扇風機は全く使えません。

風量調整が3、4段階ある扇風機が車中泊では使い勝手がいいです。

車内の換気や車内の空気循環などは風量の強いモードを使い、寝る時は風量の弱いモードを使います。

寝る時に風量マックスで使うと扇風機の作動音がうるさくて寝れません。

サンシェード

車中泊の暑さ対策ではサンシェードは絶対に持っておくべきグッズです。

サンシェードの重要性

  • 暑さ対策
  • 防犯対策
  • プライバシー対策

車種専用の全面サンシェードなどの売っているので、暑さ対策だけでなくプライバシー保護にもなります。

サンシェードは車中泊の暑さ対策だけでなく、防犯対策にも有効です。

車内が外から見えなければ貴重品が車内にあろうと盗もうとは思いません。

サンシェードを全面に付けていると車内の明かりが外に漏れる事がないので、LEDなどで車内を照らしていても外から車内が見える事がありません。

サンシェードがない状態でルームランプを付けると外から車内が丸見えになります。

車中泊する時は暑さ対策も兼ねて防犯対策、プライバシー対策もできるサンシェードの準備をオススメします。

冷感マット

夏の車中泊の暑さ対策として、冷感マットを敷いて使うと気持ちひんやりとして気持ちがいいですよ。

少しでも暑さを和らげたいところです。

使えるものは全て使っていく精神でいきましょう。

ちなみに私はゴザを敷いて車内も夏気分を味わっています。

アイスノン

夏の車中泊の暑さ対策には風邪で熱を出した時に頭を冷やすアイスノンがあると快適に眠ることができます。

蒸し暑い時に首回りを冷やすと気持ちよくなりますよね。

車中泊を楽しむはずが熱中症になってしまうと元も子もありません。

車でアイスノンを冷やしておくにはポータブル冷蔵庫が必要になります。

ポータブル冷蔵庫

夏の車中泊にポータブル冷蔵庫があると暑さ対策も完璧です。

飲み物を8〜16度に保つこともできますし、アイスを凍らしておくことも可能です。

車に飲み物を置いておくとすぐに温もって飲んでも美味しくないですよね。

ポータブル冷蔵庫があると常に冷えた飲み物を飲むことができるので、いつでも美味しい飲み物を飲むことができますよ。

ポータブル冷蔵庫

-20度〜55度まで温度管理ができるので凍らすことも温めることもできる。

冬は飲み物を温めておくことができるので、いつでもホットな飲み物を飲むことができます。

気になるのが電源ですよね。

車のエンジンがかかっている時はシガーソケットからの電源で使うことができますが、車中泊の時はエンジンを切っていることが多いので、ポータブル電源が必要になります。

ポータブル電源

車中泊の暑さ対策の為に1台ポータブル電源があると走る部屋になります。

ポータブル電源でポータブル冷蔵庫を使えるようにして、扇風機の充電、スマホの充電、車内のLEDの照明、家庭用の虫除けノーマットなども使うことができます。

ポータブル電源が気になる方は、別記事に詳しく書いています。

【ANKER POWER HOUSE II 800】キャンプや車中泊の強い味方

キャンプや車中泊などのアウトドアで純正弦波ポータブル電源があるとアウトドアをより楽しめます。ANKER POWER HOUSE II 800を紹介させてください。 目次【ANKER POWER HOU ...

続きを見る

車のエンジンを切っていても自由に電源が使える快適さと、普段当たり前のように使っている電気が如何に大切なのか分かります。

車中泊する人は、ポータブル電源を準備しておくとかなり便利ですよ。

ポータブルスポットクーラー

ポータブルスポットクーラーを持っておくと車内の窓を閉め切っていてもエアコンを付けているかのように快適に過ごせますが難ありです。

ポータブルスポットクーラー本体を車内で使うと冷たい風は出るものの、排気熱が熱いのと音がうるさい、電気の消費が激しいというデメリットがあります。

室外機のように本体は外へ置き冷たい風だけを車内に取り込めるようにすれば、かなり快適になると思います。

ポータブルスポットクーラーを使うためには、大きめのポータブル電源が必要になりそうですね。

まとめ

  • 車中泊の暑さ対策をしっかりしないと熱中症の原因に
  • 車中泊の暑さ対策は場所選びが重要
  • 車中泊の暑さ対策グッズの紹介

夏の車中泊暑さ対策をしっかりとして熱中症にならないように楽しむ事が1番ですね。

少しでも参考になれると嬉しいです。

-車中泊
-,

© 2022 雲するしーちゃん Powered by AFFINGER5