車中泊

FFヒーターという夢のようなストーブが車中泊では使えるらしい

冬の車中泊、車内の暖房対策をしないと、寒くて眠れませんよね。

車中泊でエンジンを切っていても車内をポカポカにすることができるストーブがあるそうです。

車中泊で使えるストーブ?

最近車中泊好きの人達の間では、FFヒーターと呼ばれる、画期的なストーブを取り付ける人が多いらしいそうです。

FFヒーターとは?

簡単に説明すると燃料を使って暖かい風を作るヒーター

燃料を使って暖かい風を作りだすので、かなり期待ができる反面、燃料と聞くと危ないんじゃないか?と不安になってしまいますよね。

FFヒーターはどのようにして使うのか説明します。

FFヒーターは専門の取り付け業者に取り付けてもらわないといけない事になりそうです

なぜか。

燃料を使わないといけないので、車に取り付ける場合は燃料タンクの加工、車内に取り付けるので、ボディの加工が必要になります。

恐らく素人だと取り付けはまず無理です。やってみよう精神の強い方なら取り付けできるかもしれませんが、燃料タンクに加工しないといけないのは何かあったら、ボーンとなるかもしれない不安が付きまとってしまいます。

それなら初めから安心できる取り付け業者さんへお任せする方が、取り付け後の安心感がガラッと変わりますよね。

FFヒーターの取り付け費用

気になるFFヒーターの取り付け費用は、取り付け業者や車のエンジンがガソリンかディーゼルかでも変わってきます。

調べてみるとディーゼルだと3万円、ガソリンだと4〜5万円、燃料タンクを下ろす作業があると7万円とありました。

FFヒーターの本体が17万〜19万円ぐらいだったので、ざっとでも30万円近くは取り付けするのに費用がかかりそうです。

30万円かけて取り付けて、冬の車中泊がポカポカで寒さを感じられないほど効果があるならFFヒーターありですね。

FFヒーターの燃費は?

FFヒーターを30万円かけて取り付ける前に、燃料を使って暖かい風を作るのにどのぐらいの燃料を消費するのか知りたいですよね。

調べてみると1時間に0.1リットル〜0.3リットルほど燃料を消費するようです。

仮に0.3リットル消費したとして、8時間使うとなれば、2.4リットル燃料を消費することになります。

ちなみに軽自動車を8時間アイドリング状態で燃料を消費すると約6リットル燃料を消費します。

FFヒーターの燃料消費はアイドリングよりか半分以下の燃料消費量で静かで暖かい車中泊ライフを送ることができるみたいです。

FFヒーターの電源はどうなる?

そもそもFFヒーターの燃料をどう本体に送るのか。やっぱり燃料を送るためのポンプが必要になりますよね。

その燃料ポンプはどうやって動かすの?エンジン切ったら電源使えないじゃん!って思いませんか。

調べてみるとFFヒーターの電源はシガープラグ12ボルトでした。てことは車のエンジンは切るけど電源は使わないといけない!

そうなるとエンジンをかけなくて、静かでいいけど、別の問題が不安になりません?

そうです、、バッテリー上がりですよ。

エンジンをかけないまま車の電源を使う事に、かなり抵抗があります。しかも12ボルト10Aもの大電流が流れるFFヒーター1日ぐらいなら使えるかもしれませんが、毎日となるとバッテリーがすぐダメになっちゃいそうです。

じゃあどうすればいいの?ポータブル電源が必要になってきますね。

冬の車中泊では、ポータブル電源なしでは、寒さを乗り切るのは容易ではなさそうです。

【ANKER POWER HOUSE II 800】キャンプや車中泊の強い味方

キャンプや車中泊などのアウトドアで純正弦波ポータブル電源があるとアウトドアをより楽しめます。ANKER POWER HOUSE II 800を紹介させてください。 目次【ANKER POWER HOU ...

続きを見る

ポータブル電源を使った暖房器具でも十分暖かい

ポータブル電源がどのみち要るのならポータブル電源だけで使える電気毛布を持っておくと汗かくレベルで暖かいです。

実際に私もポータブル電源と電気毛布の活用で寒い冬の車中泊でもエンジンを切っていても身体はヌクヌクできます。

車内全体が暖かくなるかと、言われるとそこまでの暖かさはありませんが、寝袋と合わせて使うとかなり暖かいです!

電気毛布の熱量調整も半分以下で十分なので、熱量を上げればかなり、ヌクヌク、ポカポカすることができるのではないでしょうか。

快適な車中泊インテリアは20個のグッズでどんな車でも実現可能

快適な車中泊ライフするためには20個のグッズがあれば、どんな車でも実現可能! 目次マット、エアーベッド寝袋カーテン、シェードクッションブランケットLEDランタンLEDライトクーラーボックスポータブル電 ...

続きを見る

まとめ

  • 車中泊で使えるFFヒーターと呼ばれるストーブ、どうなの?
  • FFヒーター取り付け費用はざっと30万円
  • FFヒーターの燃料消費量はアイドリングの半分以下
  • FFヒーターの電源は12Vなのでポータブル電源があった方がいい
  • ポータブル電源でも十分使える暖房器具もある

車中泊FFヒーターという車用ストーブがあれば、快適になることは間違いなしだと思います。

やはり車中泊には電源の確保を1番に考えないといけない事もまた事実です。

ポータブル電源だけでも十分暖かい暖房器具があるので、FFヒーターは手がなかなか出ないよ。という方は慎重に選んでみる事をオススメします。

-車中泊
-, , ,