車中泊

快適な車中泊インテリアは20個のグッズでどんな車でも実現可能

快適車中泊ライフするためには20個のグッズがあれば、どんな車でも実現可能!

マット、エアーベッド

車特有のボコボコをフラットにでき、寝転がる事ができる。

エアーベッドを使えば寝て起きた時家にいるかと勘違いしてしまうほど快適に眠りにつく事ができる。

寝袋

寝袋を持っておくと夜、マットの上でかけ布団代わりにも使えますし、寒い時は寝袋に入ってミノムシ状態になって暖かい夜を過ごす事が可能です。

カーテン、シェード

車中泊中の目隠しや断熱、遮光などに使います。

最近では車種専用シェードを売っていて窓ガラスにピッタリと貼り付ける事ができるので外からの視線をシャットアウトできます。

サンバーで車中泊するとき、窓の断熱と目隠しは大丈夫?

軽自動車の中でもサンバーは車中泊するのにオススメの1台です。サンバーで車中泊する時に窓の断熱や目隠しはしてますか。 快適な車中泊をするためには、断熱し人目を気にせず眠りたいですよね。 目次サンバーで車 ...

続きを見る

クッション

クッションはいくつあってもいいですよね。

枕にも使えますし、腰や背中に当ててゴロゴロする時にも使えます。クッションを抱いて寝れば謎の安心感も得られます

ブランケット

ブランケットはちょっとした時など寝袋だと大袈裟な時に大活躍してくれますね。

運転中や、車内でゴロゴロしたりする時、ちょっと肌寒いかな?と感じる時にサッと出せて手触りの良い感触にうっとりできます。

LEDランタン

充電式のLEDランタンがオススメです。夜車内はシェードで窓を囲ってしまうとルームランプを点灯させないと真っ暗になってしまいます。

真っ暗だと気持ちも暗くなってネガティブな気持ちになってしまわないようにLEDランタンをひとつぶら下げておくだけで気持ちが落ち着きます。

白色、暖色と切り替えできるLEDランタンが個人的には重宝しています。

LEDライト

LEDライトはLEDランタンとは別用途で夜中トイレに行ったりしたいとき、街灯がないところだと歩いていくのも危険です。

LEDライトをひとつ持っていればシートの間など狭いところに物が落ち込んだ時も探し出せますしライトは持っておくべきです。

クーラーボックス

冷たい物が車内の温度で温もらないようにするためにコンパクトなクーラーボックスがあると便利です。

最近ではバッテリーで動くポータブル冷蔵庫もあり、飲み物の冷蔵や、アイスの冷凍が専用バッテリーが必要になりますが可能です。

車中泊で頭が痛くなるほどキンキンに冷えたビールを飲みたい人に

家で飲むビールと違って自然の中や車中泊の時に飲むキンキンに冷えたビールはこれ以上にないぐらい美味しいですよね。 車中泊やキャンプでキンキンに冷えたビールが飲みたい人にアウトドアでビールをキンキンに冷や ...

続きを見る

ポータブル電源

車中泊でできる事の幅を大きく広げてくれるのが、ポータブル電源です。

ポータブル電源は簡単に100V電源を手軽に使用できる持ち運べるバッテリーです。バッテリー容量もさまざまで使いたい家電用品によって選びます。

いつ来るか分からない災害に備えてポータブル電源という持ち運ぶ安心

いつ起こるか分からない災害に備えて食糧や水を準備している人は多いですが電気を備える人はそういない? 災害は忘れた頃に来るなどと言われているので食糧や水分と一緒に電気も一緒に備えませんか。 ポータブル電 ...

続きを見る

タブレット

パソコンやタブレットがあるとNetflixなどで映画を大きな画面で視聴できますし、ポータブル電源を使ってテレビや、プロジェクターを使えばもっと大きな画面で映画を視聴する事ができますよ。

Bluetoothスピーカー

Bluetoothのスピーカーがあれば車のエンジンを切っていても音楽を流す事ができますし、タブレットなどで映画を見る時は迫力のあるサウンドで映画を楽しむ事ができて、車内が映画館と化します。

洗面道具

車中泊でも清潔にしないと快適な車中泊を送る事はできません。

洗顔やメイク道具など最低限、洗面道具を持っていた方が朝車で目覚めてスッキリするために必要ですよね。

サンダル

車中泊する時の車内は土禁だと思います。

外に行くたびに靴を履いてもいいですが、トイレなどちょっとした用事の時にはサンダルを持っていた方が面倒臭くありません。

冷感マット

夏限定になります。

夏の暑い車内少しでも体温を下げたい、冷感マットを敷いて少しでも体温を上げないようにするためのマットです。

扇風機

暑い車内の空気循環や車内の換気など、扇風機は車中泊をするなら必要グッズになります。

充電式の扇風機が線がゴチャゴチャせずにアシストグリップなどに挟んで上から風を送り込む事ができるのでオススメです。

充電ものが多いので車のシガーソケットを増やして、充電ポートの確保も重要になります。

車のシガーソケットを増設したい!けど元々のやつも使いたい

車にシガーソケットを増設したい!けど元々のシガーソケットもしっかり使いたい!元々のシガーソケットも普通に使えて新しくシガーソケットを増設する方法を紹介します。 目次車のシガーソケットを増設する方法車の ...

続きを見る

電気毛布

冬の車中泊の必需品と言っても過言ではないグッズが電気毛布になります。

電気毛布があればポカポカで薄着でも寝袋を布団代わりにして寝ても全く問題ないぐらい暖かい車中泊ライフを送る事ができます。

電気毛布を使うためにはポータブル電源が必要ですが、電気毛布は暖房器具の中でも消費電力が少ないのに暖かい。至福の時を体感できます。

除菌グッズ

除菌グッズはいくらあってもいいでしょう。

特にアルコールのウェットティッシュの使用頻度が多くて、何個かストックがあると安心できますし、ウイルス除去をしたい神経質な時代になっています。あると安心できますよ。

ウェットティッシュは使わないと水分が飛んでカラカラになってしまうので、手を拭くだけでなく、車の掃除にもガンガン使っていくスタイルがいいです。

ガスコンロ

車内で料理をしたり、カップラーメンや、コーヒーを沸かしたりする時にガスコンロを1台持っていれば料理の幅が広がります。

車内で窓締切で使用すると危ないので換気は必要です。

電気ケトルをポータブル電源で使えば、ガスコンロは必要ありませんが、電気ケトルはかなりの消費電力を使用するので大きなポータブル電源が必要になります。

キャンピングテーブル

コンパクトになり、広げると大きいテーブルと言えばキャンピングテーブルですよね。

車内でも使えて、時には車の外でキャンプ気分を味わう事だってできます。畳めば小さくなるので、車内の収納スペースに収めれば邪魔にもなりにくいのが特徴です。

キャンピングチェア

キャンピングチェアは車内ではあまり使わないかもしれませんが、車外でキャンプファイヤーをしたい時など焚き火の火を眺めながらコーヒーを啜ったりするのを想像するだけで楽しい気分になります。

-車中泊
-,