車のエアコンが死ぬほど臭い!クサイ時の対処法は?

エアコンをオンしたら足臭いような、カビ臭いような、すっぱい臭いがする。とにかく車のエアコンがクサイ!なんとかしたい、でもどうする?

車のエアコンが臭い時の対処法

車のエアコンがクサイ!どうしたらいい?

その場凌ぎでいいなら芳香剤を買って今すぐ置こう!

  • エアコンフィルターを交換する
  • エアコン用消臭スプレーをする
  • エバポレーターを洗う
  • エアコン業者に直してもらう

エアコンフィルターを交換してみる

車のエアコンがクサイ時はまずエアコンフィルターを交換してみましょう。

車のエアコンがクサイのはエアコン内に発生したカビが原因です。

ほとんど車にはエアコンフィルターがあるはずです。

エアコンフィルターに溜まったホコリやゴミのせいでカビが発生している場合が多く、エアコンフィルターを新しいものに交換するとエアコンが臭わなくなります。

車のエアコンがクサイ!と思ったらまずエアコンフィルターを交換してみましょう。

エアコン用消臭スプレーする

エアコンフィルターを交換しても車のエアコンの臭いが取れない場合はエアコン用消臭スプレーが売ってあります。

エアコンフィルターでは取り切れなかったホコリやゴミがエアコンの風に乗って吹き出し口の通路に付着している場合があります。

エアコンの吹き出し口に直接噴射してエアコンの風の通り道をキレイにするスプレーです。

エバポレーターを洗う

エアコンフィルターを交換しても、エアコン消臭スプレーを使っても車のエアコンがクサイ!

最終兵器のエバポレータークリーナーを使いましょう。

車のエアコンがクサイのはエアコン内に発生したカビが原因だと言いました。

エアコンフィルターをすり抜けたホコリやゴミがエアコン内に付着してカビを発生させています。

エアコン内でも特にカビが発生する場所は決まっていてエバポレーターと呼ばれる温度変動の激しい部品になります。

車のエアコンをオンにすると車の下に水がポタポタと垂れているのを見たことないでしょうか。

あれ実はエアコン内のエバポレーターに発生した水滴が排出されているんです。

エバポレータークリーナーを使うと汚れたエバポレーターを泡の力で洗い流すことができます。

エアコン本来の水滴の排出と一緒に汚れが流れていくので汚れの回収などは必要ありません。

エアコンフィルターを外すことができる方なら誰でもエバポレータークリーナーを使う事ができます。

車のエアコン業者に直してもらう

エアコンフィルターを交換した、エアコン用消臭スプレーも使った、エバポレーターも洗浄した!

車のエアコンがまだクサイ!ここまで来ると個人では直しようがありません。

素直に車屋さんや、エアコン業者にきちんと直してもらうのが賢明です。

車のエアコンがクサイ、臭いの根元はエバポレーターです。

そのエバポレーターを外すためには車のダッシュボードを外さないといけない車がほとんどです。

個人でやると取り返しのつかない事になりかねないので、専門業者に直してもらいましょう。

車のエアコンが臭いのはカビが原因

車のエアコンを付けて「クサイ!」と思うのはエアコン内にできたカビが原因なんです。

車のエアコンから冷たい空気を出すにはコンプレッサー、コンデンサー、レシーバー、エキスパンションバルブ、エバポレーターといった専用の部品が必要です。

家のエアコンも室外機が外にありますよね。室外機がコンプレッサー、コンデンサー、レシーバーの役割です。

家の中で使うエアコン本体がエキスパンションバルブとエバポレーターになります。

カビが発生しやすいところがエバポレーターという部品になります。

エバポレーターはキンキンに冷たくなります。冷たくなるとどうなるか、温度差で結露ができます。

結露とは

冷蔵庫から出した飲み物を常温で置いておくと温度差で汗のような水滴がつく事です。

冬の朝、家の窓ガラスが汗をかいて水滴がたくさん付いているのも結露です。外は冷たい、家の中は暖房で暖かい時などに結露ができます。

エバポレーターにできた結露が車のエアコンにカビを発生させている主な原因です。

車のエアコンをオンしている間、エバポレーターにできた結露は車の外へ排出されるようになっています。

エアコンを切ったり、エンジンを切ったりするとエバポレーターにできた結露が残り、排出されずに残った水滴がカビの発生を加速させることになるでしょう。

エバポレーターにホコリやゴミが付着するのを防ぐためにエアコンフィルターをエバポレーターの手前に付けています。

エアコンフィルターを定期的に交換していないと、エアコンフィルターをすり抜けたホコリやゴミがエバポレーターに付着します。

カビの発生したエバポレーターを通った風がエアコンの吹き出し口から風となって出てくるのでエアコンがクサイとカビを吸い込んでいると同じことです。

車のエアコンがクサイのを放っておくと車が臭くなるだけでなく、身体にも影響が出てしまいます。

カビを吸うことにより免疫が下がり風邪や病気の原因にもなりかねません。

車のエアコンがクサイのは早めに直しておきたいですね。

車のエアコンが臭いのは予防できる

車のエアコンが臭くなるのは車に乗っている人なら誰でも予防する事ができます。

  • 洗車する
  • 外気取り入れ口の掃除
  • 送風で結露を乾かす
  • エアコンフィルターの交換
  • 車用空気清浄機を使う

洗車する

定期的に洗車してください。自分で車を洗うのがめんどくさいなら、ワイパーの近くにある外気取り入れ口の掃除だけでもやりましょう。

ほとんどの車の外気取り入れ口はワイパーの近くにあります。

私は洗車するのが嫌いで、いつも洗車機で洗っていますが外気の取り入れ口や室内の掃除は定期的にするようにしています。

外気の問い入れ口は葉っぱや虫、鳥のフンなどで汚れたりしています。

外せる方はボンネットを開けて中の方まで掃除しておくと外気からのクサイ臭いを防ぐことができます。

車をよく洗う人はいいですが、あまり車を自分で洗ったりしない方は車内だけでも掃除しましょう。

車のエアコンがクサイとエアコンの吹き出し口からカビが車内全体に飛んでいます。

車の全てのエアコンの吹き出し口から芳香剤の匂いを出す裏技伝授

みなさん、こんにちは。 車の芳香剤って置いていますか。置く場所次第で全てのエアコンの吹き出し口から良い匂いを出せる裏技ありますよ。是非是非見ていってください。 目次車の芳香剤とは置くタイプの車の芳香剤 ...

続きを見る

全てのドアを開けて拭き掃除と足元やシートに落ちたホコリやゴミを掃除機で吸うとキレイになるはずです。

たまにダッシュボードとか真っ白くほこっている車を見かけますが、あんな車は最悪!

乗っている本人は気にしてないかもしれませんが、横に乗る人は乗りたいと思いますか。

車内の空気は助手席の足元からエアコンフィルターを通りエバポレーターを通り吹き出し口から風が出てきます。

車内がほこっているとホコリを雪降らしのように飛ばしているだけです。

助手席の足元に落ちた砂や小石、髪の毛、ポテトの食べかすなど落ちているとカビだけでなくゴキブリも出ますよ。

送風で結露を乾かす

エアコンを使用した後15分ほど送風でエバポレーターに風を当てて発生した結露を乾かすとカビの発生を予防できます。

実際そんなことをするかと言われると多分しないと思います。

お風呂上がりに髪をドライヤーで乾かしますよね。

ドライヤーを使った後は熱がドライヤー内に籠るので送風で冷ましてから使用とやめるのが推奨らしいのですが、送風で冷ます人いますか。

いてもごくわずかの少ない人だと思います。後の人はそんな事も知らないはずです。

車のエアコンも一緒で使った後は送風にすることを意識するだけでも全然違います。

エアコンフィルターの交換

エアコンフィルターは1年に1回の交換が推奨されています。

エアコンフィルターは車内のホコリやゴミ、車外からのホコリやゴミをまとめてキャッチするので汚れます。

エアコンフィルターに汚れが溜まるとカビが発生します。エアコンフィルターなら自分でも交換できない事はありません。

「車種 エアコンフィルター」と検索すればすぐに出てくるはずなので自分で交換したい人は是非。

車のエアコンのニオイが気になる方は点検、車検の度にエアコンフィルターを交換することをオススメします。

また、エアコンフィルターにゴミが溜まるとカビの発生だけでなく、風の流れが悪くなります。

エアコンの風が弱くなりエアコンが冷えない、というような二次被害も考えられます。

エアコンの風が弱くなったら、エアコンフィルターにゴミがぎっしり詰まっているサインかもしれません。

そうなる前にエアコンフィルターの交換を早目にしましょう。

エアコンフィルターでゴミがエバポレーターまで流れてしまうと、エバポレータークリーナーでは落とし切れなくなります。

ダッシュボードを外し、エバポレーターを外して清掃しないときれいにすることができません。

エバポレーターを外すとなると修理費用は万コースになってしまいます。簡単なところを小まめに交換するのが一番です。

車用空気清浄機を使う

車のエアコンが臭くなってからではもう手遅れなのですが、車用空気清浄機を車に1つ置いておくだけでエアコンの臭いが予防できます。

エアコンが臭いのは車内の空気中のホコリやゴミが原因なので、ホコリやゴミを減らすことができればカビの発生予防に繋がります。

車用空気清浄機を使ってホコリをキャッチしつつプラズマ効果で消臭もできるので一石二鳥です。

エアコンの臭いニオイの脱臭効果はありませんが、カビの原因のホコリのキャッチ、空気の浄化ができます。

電源は車のシガーソケットから取ることができるので簡単です。

ドリンク型が多いので車のドリンクホルダーに置いておけば車内の消臭が期待できます。

私も車用空気清浄機を使っています。3ヶ月に1回ぐらいフィルターの水洗いをしますが、ホコリがぎっしり詰まっています。

こんなにホコリが飛んでいるのかとゾッとするレベルです。

自分の車の車内にどれだけホコリが飛び回っているか車用空気清浄機を使うだけで目で見て分かりますよ。

車のエアコンが臭い!修理費用の目安

  • エアコンフィルターの交換、2,000円〜5,000円
  • エバポレータークリーナー、10,000円〜20,000円
  • エバポレーター脱着清掃、交換、50,000円〜100,000円

目安なのでお店によって異なりますが、車のエアコンが臭い時の修理費用はこのぐらいでです。

エアコンフィルターと、エバポレータークリーナーなら自分でもできない事はありません。

自分ですれば部品代だけで済むので目安の値段よりは安くなります。

エアコンフィルターには種類があり、ただのフィルタータイプと炭入りの脱臭効果のあるフィルターが売っています。

車のエアコンがクサイと感じる人は炭入りエアコンフィルターをつけるといいかもしれません。

まとめ

  • 車のエアコンが臭い時の対処法4つ紹介
  • 車のエアコンが臭いのはエアコン内のカビが原因
  • 車のエアコンが臭いのは予防することができる
  • 車のエアコンの臭いを修理する費用の目安

車のエアコンが臭くなるのはホコリやゴミが主な原因です。

ホコリやゴミがぎっしり溜まる前にエアコンフィルターの交換を行いたいですね。

少しでも参考になれば幸いです。

-
-, ,