車中泊

エンジンかけっぱで車中泊はNG、エンジンに頼らず工夫で快適を探そ

車中泊でのエンジンかけっぱなしで寝たい気持ちはすごく分かります。

暑い時はクーラー効かせばカラッとした車内になりますし、寒い時はヒーター付ければ簡単に暖かい車内を作れます。

車中泊でのエンジンのかけっぱなしはNGとされている理由を紹介します。

車中泊でのエンジンかけっぱなしがダメな理由

  • 一酸化炭素中毒
  • 環境汚染
  • 騒音
  • 車両発火
  • バッテリー上がり

一酸化炭素中毒になる可能性アリ

エンジンをかけっぱなしで寝ていると、よくあるのが積雪によりマフラーの出口が塞がれ排気ガスが車内へ逆流する事でおこる一酸化炭素中毒事故の可能性があります。

エンジンの熱で積雪溶けそうなイメージですが、東北、北海道など雪の威力がすごいところでは注意が必要になりそうです。

対策

  • 窓を透かす
  • エンジンを切る

環境汚染につながる

車に乗っている時点で十分環境汚染に加担しているのですが、車中泊でのエンジンかけっぱなしは、エンジンをかけなくても車中泊をすることができるので環境汚染を進める原因となります。

最近では、電気自動車やアイドリングストップの車ばかりなので環境汚染も他人事ではなくなってきています。

対策

  • エンジンを切る

周りの人の迷惑騒音

車中泊でのエンジンかけっぱなしは自分が危険になろうが、自己責任ですが周りに迷惑をかけるとなると気をひきたくなりませんか。

よくサービスエリアなどでトラックが並んでエンジンをかけっぱなしで仮眠している騒音、うるさすぎて近づきたくもありませんよね。

逆に言うと、エンジンかけっぱなしで仮眠しているトラックなどの側で自分もエンジンかけっぱなしで車中泊することはOKだと思いますが、恐らく気持ちよくは眠れないのがオチだと思います。

隣でエンジンかけっぱなしで停車されたら、自分が移動して静かなところへ逃げればいいですが、なんでこっちが退かなきゃなんないの?って気持ちは残りますね。

対策

  • エンジンかけるなら周りの迷惑にならないところへ

車両発火の原因!?

車両発火の原因は滅多にありえませんが、可能性はゼロではありません。

例えば運転席で車中泊をしていたとしましょう。エンジンをかけっぱなしで眠っていて何気なしに足がアクセルを踏んでしまいエンジンが熱くなりすぎて燃えてしまうケースです。

対策

  • アクセルに触らないように箱のようなものを置く
  • 運転席で寝ない

車両発火の原因として、電動ファンの故障でエンジンを冷やすための冷却水が冷え切らずオーバーヒートの原因になることもゼロではありません。

走っている時は走行風で冷却水は冷やされますが、車中泊の時は車は停車中なのでファンの風でしか冷却水を冷やす事ができないので電動ファンが壊れてしまうとエンジン発火の原因になり得ます。

対策

  • エアコンON
  • 風量を上げる
  • エンジンを切る

バッテリー上がりの原因に!?

エンジンのかけっぱなしでバッテリーあがりになることあるの!?基本的にはありません。

ただ発電機が壊れてしまうとバッテリーが充電されることがないのでバッテリー容量がなくなればバッテリー上がりになることがあります。

対策

  • 電圧計を取り付ける
  • ジャンプスターターを常備
  • エンジンを切る
コロナ禍で車に乗る機会が減り急なバッテリー上がりにはコレ

みなさんは車のバッテリー上がりを体験したことがありますか。私は幸いにもバッテリー上がりになったことはありません。 車のバッテリー上がりになったことがありませんが、ジャンプスターターをいつも車に常備して ...

続きを見る

エンジンをかけっぱなし燃料消費はどのぐらい?

車によって燃料消費量は異なりますが、普通車クラスだと1時間エンジンをかけっぱなしにすると約1リットルの燃料を消費します。

車中泊で8時間エンジンをかけっぱなしにしたとなると8リットルもの燃料を消費することになります。

レギュラーガソリンがリッター170円だとすると1,360円一晩で消費する計算です。

エアコンを使用すればさらに燃料消費量が増えるので目安は1時間に1リットル消費します。

計算だとかっちりした数字が出ますが、エンジンのコンディションや、バッテリーの状態、電気負荷などで多少燃料消費量が上下するため、このぐらいで考えてください。

車中泊でエンジンをかけないで寒さ対策

  • ポータブル電源
  • 電気毛布
  • 寝袋
  • ゆたんぽ
  • シェード

などを持っていればエンジンをかけっぱなしにしなくても快適な車中泊を楽しむ事が可能です。

冬の凍てつく寒さでの車中泊で必要なものは「保温」と「防寒」

冬の凍てつく寒さでも暖かくて快適な車中泊をするために、必要なものをピックアップしてみました。 目次冬の車中泊は気持ちいい冬の車中泊、車内防寒に必要なもの冬の車中泊、体の保温に必要なものまとめ 冬の車中 ...

続きを見る

車中泊でエンジンをかけないで暑さ対策

  • 扇風機
  • ポータブルクーラー
  • 冷却スプレー
  • 日陰に停める
  • 標高の高いところへ行く

などで夏の暑い時に車中泊をする場合は対策できます。

夏の車中泊でエンジンを切っていても快適に過ごせる暑さ対策

夏の暑い時の車中泊の暑さ対策はしっかりできていますか。 暑さ対策グッズを使えばエンジンを切っていても涼しく車内で過ごす事ができます。 目次夏の車中泊は暑さ対策しないと熱中症に夏の車中泊の暑さ対策は場所 ...

続きを見る

夏の暑い時は暑さだけでなく虫対策をしないといけません。

  • 電気蚊取り
  • 虫除けスプレー
  • 網戸

ポータブル電源をもっていれば電気蚊取りを持っていれば常に付けておけば夏の厄介なみんな嫌いな蚊の撃退はできます。

車中泊で唯一問題なのが虫!キモい虫をどう対策しようか。

楽しいアウトドア気分で車中泊をしようとしている矢先に虫がブンブン飛んできたら気持ち悪いし怖いし不安ですよね。 車中泊の敵と言えば、暑さと虫です。虫対策を考えよう。 目次車中泊で虫に遭遇したら車中泊での ...

続きを見る

エンジンをかけなくてもする対策には

車中泊でするエンジンをかけっぱなしにしなくてもする暑さ対策や、寒さ対策や虫対策には、自分の身体をいかにストレスなく過ごすためですよね。

車中泊をする上で最も大事なのが防犯対策だと考えます。

車中泊で自分の身を守れるのは自分しかいません。ドアロックを確実にしてシェードを使って外から車内を覗かれないようにするのが一番手軽な防犯対策です。

車内が丸見えの車と車内が見えない車だと車内が見えない方には悪さしようと思わないですよね。

シェードを使った防犯対策は、窓からの寒さを凌ぐこともできるので、防犯もでき寒さ対策もできる一石二鳥のメリットがあります。

まとめ

  • 車中泊のエンジンかけっぱなしがダメな理由5つ
  • エンジンをかけっぱなしで1時間1リットルもの燃料消費する
  • 車中泊でエンジンをかけないでできる寒さ対策
  • 車中泊でエンジンをかけないでできる暑さ対策
  • エンジンをかけなくてもする防犯対策

エンジンをかけっぱなしで車中泊するのはNGだけど、エンジンをかけないでする車中泊の方が醍醐味がたくさんあって楽しいですよね。

車中泊での事故がないように気持ちのいい車中泊ができることを祈っています。

快適な車中泊インテリアは20個のグッズでどんな車でも実現可能

快適な車中泊ライフするためには20個のグッズがあれば、どんな車でも実現可能! 目次マット、エアーベッド寝袋カーテン、シェードクッションブランケットLEDランタンLEDライトクーラーボックスポータブル電 ...

続きを見る

-車中泊
-,